佐野市の腰痛の患者様へアトラス カイロプラクティック

ユーザー 桑原浩之 の写真

カイロプラクティックの施術の作用等に付いて書きます。

今回も 骨を矯正すると なぜ 患者様よくなるのか

実際に関節には 何が起こっているのか?

技術をしますと 関節が 通常の 動きの範囲を超え

て 動かされると 関節は 隙間が空きます 実際に

は 関節の 表面が別れる時に 関節の 滑液内で 低

い力によって 形成される 二酸化炭素ガス泡の破

壊が起こる。

例えば ビールや ソーダのビンは 明けるまでは中

に泡など見えないが 開けた途端に 小さい泡が出

てきて上に浮かんでくるのが見える

これはしばしばポンとはじける音を伴う その泡は

ビンを開けるときの圧力の変化によって形成される

二酸化炭素ガスである。

ビンを開ける前には マイナスの圧力があったので

ある 間接は通常 マイナスの圧力下にあり それに

よって 関節部に 強靭な安定性が保たれている 要

するに 吸盤がくっついているような状態で安定さ

ている。

調整の準備によって関節は分離状態になる関節が

伸ばされるにつれて この間にマイナスの圧力が

増加する 先ほどの 吸盤で言えば 剥がそうと引っ

張られる力ということです

ガスが関節の中心に移動し蓄積されるにつれて突

然ポキッとはじける音がするこれによって関節はマ

イナスの圧力を失う このポキット弾ける音は関節

の隙間または脊柱の動きにつながる。

すると関節の マイナスの圧力がなくなると 関節

が広くなる 圧力がなくなり 関節内の可動が大き

くなり 動きが大きくなることにより 周辺の関節

靭帯筋肉が引き伸ばされ これらの組織が広がるこ

とにより 鍵の内側にある 伸張受容器 が反応し

筋肉をリラックスさせる 背骨の突起には 多数の

センサーがある その細胞は関節の位置を決定する

役割を伴っている 脳に送るセンサーからの情報が

極端に多い場合は 脊髄への痛みの伝達が阻害され

神経繊維が多いほど(神経の束)小さい痛み細胞よ

りも重要であると脳がみなすので これにより前回

も述べた通り、患者の痛みもブロックされる。

ですから、 関連組織からの痛みの情報を一時的に

阻害することになる そのため患者の痛みは軽減さ

れる これがカイロプラクティックの効果です。

 私も色々な 施術院に行ってみましたが カイプ

ラクティックの特徴である 、上記に述べた 施術

をするところが少なく 、私は ボキボキはやりま

せんとか、 意味が分かりません 。

このカイロプラクティックの 施術の 理論を聞い

て 皆さんそれでも カイロプラクティックの施術

を 拒みますか ?

アメリカを中心とした 国々は 背骨の周り関節を

調整し、神経の脳への伝達 をきちんとやるために

矯正をし、体に 関節のあるべき位置を脳に伝える

ために 施術はします 。

ですから 体操によっては 回復は 個人差はありま

すが 難しいでしょう

また マッサージ等によって 関節のゆがみが 改善

するとは 考えにくいことになります。
参考資料
カイロプラクティックマニュアルから抜粋

佐野市慢性的腰痛専門整体院
アトラスカイロプラクティック桑原